FX比較 スワップ派口座
TOPFX口座の選び方>スワップポイント

スワップ派FX口座の選び方 スワップポイント

スワップ派おすすめFX口座
出金派 セントラル短資FX
複利派 SBI FXトレード
FX業者口コミ ・評判どうよ
FX業者の評価や評判は
姉妹サイトで確認を!
FX業者口コミ・評判どうよ

スワップ派入門
スワップ派入門講座
スワップ運用のやり方
スワップ派のトレード方法

サイトマップ

FX口座ランキング

  1. 倒産しないランキング
  2. 豪ドル円比較
  3. 南アランド円比較
  4. トルコリラ円比較
  5. メキシコペソ円比較

運用プラン別FX口座

  1. 金利生活者
  2. 運用目標設定
  3. 億万長者
  4. 資産運用

FX口座の選び方

  1. 信用力
  2. スワップポイント
  3. 運用プラン
  4. 税金

スワップFX口座一覧

不向きなFX口座

  1. 不便な取引ルール
  2. 低スプレッド

FX初心者のレバレッジ設定

FX税金徹底解説

スワップポイントをチェックする

 スワップ派のFX口座ですから、スワップポイントが高い方がいいわけです。

 南アランド円と豪ドル円を比べてみましょう。
 それぞれ、1ランド=9.7円、1豪ドル=97円とします。(2014年9月頃の相場)
 投資額は 97万円で、レバレッジ1倍で買うとしましょう。

通貨ペア 会社 スワップポイント
(年間)
ポジション スワップ合計
 ランド円  ライブスター証券  14円×365=5110円  10枚   5万1100円
 一般的な業者  9円×365=3285円  3万2850円
 豪ドル円  ライブスター証券  75円×365=2万7375円  1枚   2万7375円
 一般的な業者  65円×365=2万3725円  2万3725円

 南アランド円の場合、5円/日違うと、年間2万円弱の違いになります。
 豪ドル円の場合、10円/日違っていても、年間3500円程度の違いしかありません。

 南アランド円は、日々のスワップが1円違うと、利益が大きく違ってくるのです。

 逆に、豪ドル円の場合、10円/日の違いくらいなら、思ったより大きな違いになりません。
 もちろん、運用資金(ポジション数)やレバレッジによって変わりますが…

スワップポイントの調べ方

 最近は、FX業者のホームページをみれば、日々のスワップポイントがどこかに掲載されています。
 スワップポイントを掲載するタイミングが各社違うので、1日だけ比べても正確な評価はできません。
 最低、1週間は調べましょう。
 できれば、1年を通して調べたいところです。
 とはいえ、それは大変なので、毎月1週間だけ調べるのでもいいと思います。

 それから、一時的にスワップポイントを上げる業者があります。その時は高いのですが年間を通すと、大したことがないという場合もあるので気をつけましょう。

ロールオーバーコスト

 サクソバンクFX証券などでは、ロールオーバーコストが受け払いされるシステムです。
 ロールオーバーコストとは、ポジションをロールオーバーさせる時に発生します。評価損がある場合、資金を市場より借りているのと同じ意味ですから、金利を支払わなくてはなりません。逆に、評価益がある場合は、市場に貸していることになるので、金利を受け取ることができます。

 スワップポイントにその分が、増減されるのです。
 評価益がある時は、より多いスワップポイントがもらえます。
 ですから、サクソバンクFX証券などの場合は、円高でポジションを建てるようにすればそれだけで将来のスワップポイントが高くなる可能性があります。

 次のページは「運用プランにそって選ぶ」です。



金利生活をする方法 FX業者口コミ評判

リンク

当サイト情報を参考に口座開設することは一向にかまいません。が、そのFX会社が倒産しないことを保証しているものではありません。

Copyright (C) FX比較 スワップ派口座, All rights reserved.