FX比較 スワップ派口座
TOPスワップ派のトレード方法>便利なツールで買うタイミングを知る

FXスワップ派が行うスイングトレードの「買うタイミング」とは?

スワップ派おすすめFX口座
出金派 セントラル短資FX
複利派 SBI FXトレード
FX業者口コミ ・評判どうよ
FX業者の評価や評判は
姉妹サイトで確認を!
FX業者口コミ・評判どうよ

スワップ派入門
スワップ派入門講座
スワップ運用のやり方
スワップ派のトレード方法
  1.損切りしなくても大丈夫
  2.買うタイミングを知る
  3.買ってはいけない時期がある
  4.売るタイミングはどうする?

サイトマップ

FX口座ランキング

  1. 倒産しないランキング
  2. 豪ドル円比較
  3. 南アランド円比較
  4. トルコリラ円比較
  5. メキシコペソ円比較
  6. 通貨分散ランキング

運用プラン別FX口座

  1. 金利生活者
  2. 運用目標設定
  3. 億万長者
  4. 資産運用

FX口座の選び方

  1. 信用力
  2. スワップポイント
  3. 運用プラン
  4. 税金

スワップFX口座一覧

不向きなFX口座

  1. 不便な取引ルール
  2. 低スプレッド

FX初心者のレバレッジ設定

FX税金徹底解説

便利なツールで買うタイミングを知る

 買うタイミングは、ドルコスト平均法で十分です。
 スワップ運用を重視している人は、相場に関係なく、一定間隔で買っていけば問題ありません。

 しかし、スイングトレードを重視しているスワップ派は、なるべく安いレートで買いたいと考えるでしょう。

ドルコスト平均法より安く買うには

 FX業者の中には、テクニカル分析による売買シグナルが分かるサービスを行っています。

 「テクニカルなんって当たらないよ」と思っている人も多いでしょう。

 この場合は、いいのです。
 ドルコスト平均法より、マシな結果になれば…。

 テクニカル的に、「底」だと判断すれば、買いサインがでます。

 ドルコスト平均法だと、高い時(円安)でも買うことになります。

 ですが、買いサインが出た時だけ、買うようにすれば、ドルコスト平均法よりは、安く買える可能性が高くなります。

「FXライブ」の売買シグナルを活用する

 大概のFX業者には、チャートにテクニカル分析を表示させる機能がついています。
 しかし、それを活用するには、テクニカル分析を勉強しなくてはなりません。

 しかも、どのテクニカル分析が、今の相場に適しているのか、見極める力量も必要になります。

 テクニカルチャートを使いこなすのは、結構、大変なのです。
 だからこそ、勝てる人と負ける人ができるのかもしれませんが…。

 さて、テクニカルの素人でも、
 売買シグナルさえ、一目で分かるようにしてもらえば使うことができます。

 セントラル短資FXの「FXライブ」という口座を開設してある人だけが利用できる、会員向け情報サイトがあります。

 これには、先ほど指摘した問題点をクリアしてくれるサービスが付いています。
 まず、だれでもわかるように、「買い」「売り」の文字で、チャート上で指示してくれます。しかも、設定しておけば、メールで教えてくれます。
 テクニカルがまったく分からなくても、「買い」と指示されたら「買えばいい」だけです。

 そして、どのテクニカルを使えばいいのか分からない、というのが一番の問題だと思います。
 「FXライブ」には、「売買モデル収益ランキング」があります。
 これは、どのテクニカル分析が儲けているか、ランキングしたものです。
 それを参考に収益の高いテクニカルを選択すればいいのです。

------売買モデル収益ランキングの使い方------
 「収益期間」「時間足」を選択します。
 選択の仕方は、次の通り。
1.収益期間
 自分の投資期間の長さが目安。
 例えば、1年くらいはポジションを保有するつもりだったら、収益期間は「1年」を選択します。投資期間は1年~数年というスタイルが多くなると思います。
 (私がそう考える理由は次のページを見れば分かってもらえると思います)
2.時間足
 日足、週足の中から、選ぶことになるでしょう。
 時間足を日足にしたり、週足にしたりして、ランキングを表示させてみましょう。
 「収益グラフ」が右端に表示されます。
 収益のグラフが右肩上がりのものは現在の相場に合っていることを表します。しばらくは、頼りにできる売買サインだと考えることができます。
 さて、その収益グラフをクリックすると、そのグラフが別ウィンドウで拡大表示されます。その右上に「チャートを見る」というリンクがあるので、クリックしましょう。すると、もう一回、ウィンドウが開き、売買サインが付いているチャートが見れます。
 その売買サインが、どのタイミングで出ているのか、確認できます。
 相場の下落が起こった時、下落の底に近いタイミングになっていればベストです。とはいえ、100%満足できるタイミングにはならないので、他のテクニカルとの比較で、決めましょう。

 そうやって、「収益期間」「時間足」を変えてみて、チャートの売買サインを比較してみて、一番良いと思うテクニカルを登録しておきましょう。
 右上に「お役立ちツール」>「各種設定」をクリックすると、登録設定する画面が出ます。メール設定をしておけば、売買サインを見落とすことがなくなります。
------ ここまで -------

 スワップ派のスイングトレードでは、売買サイン通りにトレードを繰り返す必要はありません。
 買うタイミングで利用すれば、多少、利益を上げやすくなるかな~、程度のものです。
 売買サインを、絶対視して売り買いを繰り返すのは、スワップ派ではありません。

ターゲットメール(プライスアラート)を設定する

 それから、「ターゲットメール」というサービスを紹介しましょう。

 指定したレートになると、メールで知らせてくれる機能です。

 売買シグナルではないのですが、これくらいのレートで買うと決めているときに便利です。

 テクニカルチャートで、おおよその見当をつけておいて、利用することになります。
 テクニカルチャートに関係なく、自分なりのカンで、設定しておいてもいいですが、…。

 これは、ヒロセ通商 LION FXマネーパートナーズなどで利用できます。
 FXCMジャパン証券プレミアム口座では、「プライスアラート機能」と呼んでいます。

 次は、買ってはいけない時期について、考えたいと思います。
 買ってはいけない時期があるということは、買うべき時期もあるということ。
 ⇒ 3.買ってはいけない時期がある

◇ スワップ派のスイングトレード ◇
    1.損切りしなくても大丈夫なトレード法
    2.便利なツールで買うタイミングを知る
次⇒ 3.買ってはいけない時期がある
    4.売るタイミングはどうする?



損切りできない人の儲け方 スイング派のFX業者 中長期・スイング 毎月1万円の金利収入を得る方法

リンクFX 比較 スワップ スワップ派 口座

・当サイト情報を参考に口座開設することは一向にかまいません。が、そのFX会社が倒産しないことを保証しているものではありません。
・当サイト内の投資手法に関する記述は、本・セミナー等によって学んだこと、自分の体験から感じたことを、思いつくままに述べています。絶対に儲かる保証は何もありません。投資は自己責任において行ってください。

Copyright (C) 2010 FX比較 スワップ派口座, All rights reserved.