FX比較 スワップ派口座
TOPリンク>スワップ

FX比較 スワップ派口座 リンク「スワップ」

スワップ派入門
スワップ派入門講座
スワップ運用のやり方

サイトマップ

FX口座ランキング

  1. 倒産しないランキング
  2. 豪ドル円比較
  3. 南アランド円比較
  4. サービス度ランキング
  5. 情報量ランキング
  6. 開示姿勢ランキング
  7. トルコリラ円比較
  8. メキシコペソ円比較
  9. 通貨分散ランキング

運用プラン別FX口座

  1. 金利生活者
  2. 運用目標設定
  3. 億万長者
  4. 資産運用

FX口座の選び方

  1. 信用力
  2. スワップポイント
  3. 運用プラン
  4. 税金

取引概要比較

不向きなFX口座

  1. 不便な取引ルール
  2. 低スプレッド

FX初心者のレバレッジ設定

FX税金徹底解説

リンク3「スワップ」

 FXにはスワップの受け払いが毎日発生します。スワップ、スワップポイント、スワップ金利と呼ばれます。ポジションを翌日まで持ち越すとスワップの受け払いが発生します。通貨ペアの2国の金利差分に相当します。金利とは、この場合銀行間の短期金利です。日銀の公定歩合とはちょっと違います。各国の中央銀行が何カ月か一変金利を決定しますが、それを政策金利といい、銀行間短期金利の誘導目標です。スワップは、銀行間短期金利をもとに計算されますから政策金利とは一致しません。しかしおおよそ合っているので、政策金利に差があればスワップも高くなります。昨年の世界金融不安では銀行間短期金利が正常に機能しなかったので、スワップもメチャクチャになりました。金利差がなくなった国同士の通貨ペアのスワップは受取も支払いも0円か両方マイナスになりました。アイスランドクローナ円では金利差が十数%あっても、両方マイナスになりました。スワップの受け払いの関係は、通貨A/通貨Bという通貨ペアがあるとします。金利がA>Bの時、買い持ちしていれば受取、売り持ちしていれば支払。またA<Bの時、買い持ちしていれば支払、売り持ちしていれば受取になります。ポジションを翌日に持ち越すことをロールオーバーといい、その際に受け払いが行われます。それから土日の分も受け払いが発生します。おおくのFX業者では水曜日か木曜日に3日分を付与しています。



リンクFX 比較 スワップ スワップ派 口座

当サイト情報を参考に口座開設することは一向にかまいません。が、そのFX会社が倒産しないことを保証しているものではありません。

Copyright (C) FX比較 スワップ派口座, All rights reserved.