FX比較 スワップ派口座
TOPスワップ運用のやり方>スワップ運用のやり方 1-基本

スワップ運用のやり方の概要を説明します。

スワップ派おすすめFX口座
出金派 セントラル短資FX
複利派 SBI FXトレード
FX業者口コミ ・評判どうよ
FX業者の評価や評判は
姉妹サイトで確認を!
FX業者口コミ・評判どうよ

スワップ派入門
スワップ派入門講座
スワップ運用のやり方
  2-ロスカットレートの想定
  3-ロスカット計算
  4-簡単に速く覚える方法
  5-簡単に速く覚える方法(2)
  6-タダでスワップ運用する
  7-長期投資の狙いと問題点
  8-FX複利運用
  9-億万長者になるには
  10-資産運用とFX
  11-低リスクにする方法

スワップ派トレード方法


サイトマップ

FX口座ランキング

  1. 倒産しないランキング
  2. 豪ドル円比較
  3. 南アランド円比較
  4. トルコリラ円比較
  5. メキシコペソ円比較

運用プラン別FX口座

  1. 金利生活者
  2. 運用目標設定
  3. 億万長者
  4. 資産運用

FX口座の選び方

  1. 信用力
  2. スワップポイント
  3. 運用プラン
  4. 税金

スワップFX口座一覧

不向きなFX口座

  1. 不便な取引ルール
  2. 低スプレッド

FX初心者のレバレッジ設定

FX税金徹底解説

スワップ運用のやり方 1-基本

 FXのスワップ運用は、スワップ金利を稼ぐ目的の投資手法です。

 為替リスクへの考え方、等は、主に『スワップ派入門講座』の中でお話しておきますので、そちらを参考にしてください。

 このページからは、スワップ運用のやり方について説明していきます。

スワップ運用の考え方とは…!

 外貨投資(外貨預金、外貨MMF)より、受け取れる金利が高く、手数料等のコストが低いので、運用効率が最も良いのです。
 さらに、レバレッジを効かせることで、効果倍増します。

 ただし相場は下落するものととらえ、ロスカットされないようにポジションを建てることが重要です。

豪ドル円で1万通貨を運用した場合
運用資金 レバレッジ ロスカットレート
1豪ドル=
年率
76万5000円 1倍 1.53円 4.62%
38万2500円 2倍 39.78円 9.25%
25万5000円 3倍 52.53円 13.88%
23万0300円 3.3倍 55.00円 15.37%
年間スワップ益:35405円 1豪ドル=76.5円 (2010年8月某日の相場)

 ロスカットレートとは、相場が「いくら」になったら、ロスカットになるか、というレートのことです。
 例えば、レバレッジ3倍なら、1豪ドル=52.53円まで下落(円高)するとロスカットになる、という意味です。

 上表を作成した時の相場は、1豪ドル=76.5円でした。
 レバレッジ1倍なら、ロスカットレートは 1豪ドル=1.53円です。通常、そこまで下がることはありえません。これは、1ドル=1~2円の円高になるのと同じレベルです。そういうことはあり得ないことですよね。もし、そうなれば日本経済は成り立ちません。
 1豪ドル=1.53円とは、そういうレベルなのです。
 ですから、超安全に、スワップ運用するならレバレッジ1倍が良いのです。
 ちなみに、これは外貨預金(普通預金)の為替リスクと同レベルです。外貨普通預金の金利は1.35%しかありません。同じリスクなら、FXスワップ運用が良いと考える人が多いわけです。

 それから、レバレッジ3.3倍というのがありますね。
 レバレッジは、0.3倍でも、1.8倍でも、7.29倍でも、好きなように設定できます。
 (レバレッジの上限は決まっていますが)
 初心者や興味をもったばかりの人は、レバレッジはFX業者が決めるものだと勘違いしている方が多いでしょう。
 一般的なFX業者のシステムでは、上限以下なら、好きな倍率を設定できるのが普通です。

 さて、レバレッジ3.3倍のロスカットレートは、1豪ドル=55円です。これは、豪ドル円の史上最安値54.96円という数値から導き出したものです。
 このレートをロスカットレートとしてスワップ運用する人が多いので、55円で計算してみました。
 史上最安値を、そう簡単に下回ることはありません。
 2008年10月(リーマンショックがあった時)に記録しました。今までの最安値である2000年10月の55.52円を割り込んだのです。こうなるまでに8年かかっています。それだけ史上最安値より下落することは起こりにくいのです。

スワップ運用の基本とは

 ロスカットにならないようにポジションを建てること。
 つまり、ロスカットレートを「いくら」に想定するか、がポイントなのです。

 ですから、まず、ロスカットレートを決めることです。
 自分で、相場を想定します。
 いくらくらいまで下落することが考えられるか、調べておくことです。

 そうして、運用率を計算してみます。
 その結果、納得できたら、運用を開始します。

 もちろん、逆に、運用率を計算して、満足する通貨ペアを見つけることから始めてもいいです。
 ですが必ず、ロスカットレートを計算し、相場を想定してみて、大丈夫だと思えなければ始めてはいけません。

 次は、『2-ロスカットレートの想定』についてお話します。

◇ スワップ運用のやり方 (もくじ) ◇
    1-基本
次⇒ 2-ロスカットレートの想定
    3-ロスカット計算
    4-簡単に速く覚える方法
    5-簡単に速く覚える方法(2)
    6-タダでスワップ運用する
    7-長期投資の狙いと問題点
    8-FX複利運用
    9-億万長者になるには
    10-資産運用とFX
    11-低リスクにする方法




FXでスワップポイントを稼ぐ方法 金利生活者向きスワップ スワップ派のFX業者 外貨預金的スワップ運用
スワップ|FX業者口座一覧

リンクFX 比較 スワップ スワップ派 口座FX1 スワップ1
金融1 生活1

当サイト情報を参考に口座開設することは一向にかまいません。が、そのFX会社が倒産しないことを保証しているものではありません。

Copyright (C) 2010 FX比較 スワップ派口座, All rights reserved.