FX比較 スワップ派口座
TOPスワップ運用のやり方> 3-ロスカット計算

スワップ運用でのロスカット計算方法を説明します。

スワップ派おすすめFX口座
出金派 セントラル短資FX
複利派 SBI FXトレード
FX業者口コミ ・評判どうよ
FX業者の評価や評判は
姉妹サイトで確認を!
FX業者口コミ・評判どうよ

スワップ派入門
スワップ派入門講座
スワップ運用のやり方
  2-ロスカットレートの想定
  3-ロスカット計算
  4-簡単に速く覚える方法
  5-簡単に速く覚える方法(2)
  6-タダでスワップ運用する
  7-長期投資の狙いと問題点
  8-FX複利運用
  9-億万長者になるには
  10-資産運用とFX
  11-低リスクにする方法

スワップ派トレード方法


サイトマップ

FX口座ランキング

  1. 倒産しないランキング
  2. 豪ドル円比較
  3. 南アランド円比較
  4. トルコリラ円比較
  5. メキシコペソ円比較

運用プラン別FX口座

  1. 金利生活者
  2. 運用目標設定
  3. 億万長者
  4. 資産運用

FX口座の選び方

  1. 信用力
  2. スワップポイント
  3. 運用プラン
  4. 税金

スワップFX口座一覧

不向きなFX口座

  1. 不便な取引ルール
  2. 低スプレッド

FX初心者のレバレッジ設定

FX税金徹底解説

スワップ運用のやり方 3-ロスカット計算

 FXスワップ運用を行うためには、ロスカット計算ができないと、ポジションを建てることができません。
 適当に建てることはできますが、効率の良い運用はできません。最悪、ロスカットもありえます。

ロスカット計算

 まず、ポジションとロスカットの関係を理解しましょう。
 以下の質問に解答していく形で説明します。

(質問) 豪ドル円、1万通貨、運用資金30万円、相場:1豪ドル=80円
 この相場と運用資金で1万通貨のポジションを建てました。
 ロスカット条件は
 『時価評価総額(運用資金+評価損益)が3万2000円を下回る時』とします。
 そこで、ロスカットレートはいくらでしょうか?

(解答)
 1豪ドル=80円の時、ポジションを建てたのですから、
 このレートから「何円レートが下がったらロスカットになるか」を考えます。

 1万通貨の取引ですからレートが1円下がると、評価損が1万円ですね。
 評価損1万円につき、レートが1円づつ下がっていくということです。

 時価評価総額は、ポジションを建てたばかりなので、評価損益は0円とします。
 よって、運用資金=時価評価総額と考えておきます。

 ロスカット発動条件は、資産合計3万2000円を下回るとき、ですから、
 運用資金30万円のうち、評価損が26万8000円(=30万円-3万2000円)でロスカット発動です。

 26万8000円の評価損になるには、何円レートが下がる必要があるでしょうか。
 26万8000円÷1万円=26.8円
 レートが、26.8円下がったらロスカットになります。

 ということは、
 1豪ドル=80円の時に、ポジションを建てたわけだから
 80円-26.8円=53.2円

 質問の解答は
 1豪ドル=53.2円の時、ロスカットになるということです。

 計算式は
 ロスカットレート=
 ポジション保有レート-{(時価評価総額-ロスカット条件)÷取引量}

ポジションを建てる時の計算

 今度は、ロスカットレートから、逆算して、ロスカットされないポジションの建て方を考えていきます。

(質問)
 ロスカットレートが1豪ドル=50円という想定で、ポジションを建てる場合を考えましょう。
 ポジションを建てるレートが、1豪ドル=80円だった時、
 1万通貨の運用をするには、運用資金はいくら必要になるでしょうか。
 ロスカット条件が
 『時価評価総額(運用資金+評価損益)が3万2000円を下回る時』とします。

(解答)
 ポジションを建てるレート(80円)が、ロスカットレート(50円)まで下落するには、まだ30円の余裕があります。
 つまり、30円分の評価損でも、ロスカットされないだけの運用資金が必要ということです。

 30円分の評価損は、
 (1万通貨取引の場合、レート1円下落で、1万円の評価損)
 30円×1万円=30万円
 ちょうど50円まで、下落すると、30万円の評価損がある状態ということです。

 「では、運用資金30万円あればいいのか」というと、ちょっと待ってください。

 ロスカット条件3万2000円がありますから、
 運用資金30万円だけでは、レートが50円になる前にロスカットが発動します。
 30万円+3万2000円=33万2000円
 33万2000円の運用資金があれば、50円まではロスカットされない、ということです。

 質問の解答は
 33万2000円超です。

 計算式は
 運用資金=
{(ポジションを建てるレート-ロスカットレート)×1万円+ロスカット条件}

 ちなみに、取引量が、2万通貨の時は、「上の計算結果」×2となります。
 33万2000円×2=66万4000円です。
 10万通貨取引する時は、「×10」で、
 33万2000円×10=332万円ということになります。

 さて、計算ばかりで、面倒だな~、と感じたでしょうか。
 しかし、FXはやり方を覚えるための「デモトレード」サービスを提供している業者が多数あります。これを使えば、やり方は簡単に覚えることができます。

 次のページでは、『4-簡単に速く覚える方法』と題して、
 デモトレードを使って、FXのやり方とスワップ運用を覚えるコツなどを紹介していきます。

◇ スワップ運用のやり方 (もくじ) ◇
    1-基本
    2-ロスカットレートの想定
    3-ロスカット計算
次⇒ 4-簡単に速く覚える方法
    5-簡単に速く覚える方法(2)
    6-タダでスワップ運用する
    7-長期投資の狙いと問題点
    8-FX複利運用
    9-億万長者になるには
    10-資産運用とFX
    11-低リスクにする方法




FXでスワップポイントを稼ぐ方法 金利生活者向きスワップ スワップ派のFX業者 外貨預金的スワップ運用

リンクFX 比較 スワップ スワップ派 口座FX1 スワップ1
金融1 生活1

当サイト情報を参考に口座開設することは一向にかまいません。が、そのFX会社が倒産しないことを保証しているものではありません。

Copyright (C) 2010 FX比較 スワップ派口座, All rights reserved.