FX比較 スワップ派口座
TOPスワップ運用のやり方> 10-資産運用とFX

資産運用ではスワップ運用をしている!

スワップ派おすすめFX口座
出金派 セントラル短資FX
複利派 SBI FXトレード
FX業者口コミ ・評判どうよ
FX業者の評価や評判は
姉妹サイトで確認を!
FX業者口コミ・評判どうよ

スワップ派入門
スワップ派入門講座
スワップ運用のやり方
  2-ロスカットレートの想定
  3-ロスカット計算
  4-簡単に速く覚える方法
  5-簡単に速く覚える方法(2)
  6-タダでスワップ運用する
  7-長期投資の狙いと問題点
  8-FX複利運用
  9-億万長者になるには
  10-資産運用とFX
  11-低リスクにする方法

スワップ派トレード方法


サイトマップ

FX口座ランキング

  1. 倒産しないランキング
  2. 豪ドル円比較
  3. 南アランド円比較
  4. トルコリラ円比較
  5. メキシコペソ円比較

運用プラン別FX口座

  1. 金利生活者
  2. 運用目標設定
  3. 億万長者
  4. 資産運用

FX口座の選び方

  1. 信用力
  2. スワップポイント
  3. 運用プラン
  4. 税金

スワップFX口座一覧

不向きなFX口座

  1. 不便な取引ルール
  2. 低スプレッド

FX初心者のレバレッジ設定

FX税金徹底解説

スワップ運用のやり方 10-資産運用とFX

 資産運用とは、(1)長期投資 (2)複利運用 (3)分散投資 の3つの効果を効率よく得ていく方法のことです。

 長期間投資する狙いは、株式市場にあります。株式市場は長期間でみると過去においては右肩上がりの成長を記録しているのです。短期的には、上下の不規則な変動が見られますが、長期的には上昇しているのです。
 なので、株式を全部買えば、「必ず」といっていいいほど儲かるはずです。

 複利運用は、長期間行うとその効果が絶大なものなります。
 長期投資を行う際には、必ず行うようにしたいものです。

 分散投資は、リスクを軽減する投資手法です。
 一つに資産を集中させておくと、その資産価値が下落した場合、大損害を受けます。しかし、資産を分けておけば、その中の一つが下落しても、他の資産は上昇しているかもしれません。一つのミスを他がカバーする仕組みを作るのが分散投資です。

FXは資産運用で、どのように利用されているのか?

 日本が不景気の時は、日本株式に投資しても株価は下がる可能性が高いので、積極的な投資先になりえません。
 銀行の金利も下がる可能性が非常に高いです。
 日本に資産をおいておいても、価値が下がるだけですね。

 そこで、景気の良い外国はどうかというと、株価は上昇傾向だし、銀行金利も高くなっているはずです。
 資産を外貨で保有すれば、資産価値を高めることができるのです。

 これが、外貨投資の目的です。

 FXでも、金利の高い国の通貨を持っていれば、スワップ金利がたくさん受け取れます。
 為替相場も、日本の景気が悪ければ「円安」へ動きます(理論上)。
 長期的に見て、これから「円」は売られる(円安)傾向が強くなると指摘されています。

 外貨資産を持つことは、分散投資の効果を確かなものにするために必要なのです。

具体的なFX取引の使い方

 外国債券(外貨MMFなど)と同じように投資しましょう。
 金利(配当)と為替差益を得るようにします。

 FXでは、スワップ運用すればいいのです。
 スワップ金利を得ながら、為替差益を得ていけばいいというわけです。

 FXは「売り」もあるといわれますが、資産運用では、「買い」ポジションが重要です。円安リスクへの対策だからです。

 買い方は、「ドルコスト平均法」でいいでしょう。
 決済の仕方は、「モニタリングとリバランス」を活用します。

 例えば、
 日本株式40% 銀行預金30% FX30%
 のポートフォリオ(分散投資目的の資産の組合せ)で運用しているとします。

 3か月に一度、この割合に「ずれ」がないか、調べます。
 これをモニタリングといいます。
 この時、5%以上の「ずれ」があれば、この「ずれ」を修正します。

ポートフォリオ 運用資産 モニタリング時点 リバランス後
日本株式40% 400万円 48.8% 600万円 40% 492万円
銀行預金30% 300万円 29.2% 360万円 30% 369万円
FX30% 3万ドル
(300万円)
1ドル=100円
22% 3万ドル
(270万円)
1ドル=90円
30% 4.1万ドル
(369万円)
1ドル=90円
合計 1000万円 100% 1230万円 100% 1230万円

 モニタリング時点で、日本株式の割合が増えて他が減っています。この「ずれ」を修正したのがリバランス後の状態です。
 日本株式8.8%増
 銀行預金0.8%減
 FX 8%減
 株価が上昇した日本株式を8.8%分だけ売却します。
 そうして出来た資金で、銀行預金とFXに振り分けます。
 為替相場は、1ドル=100円⇒90円へ円高になっています。今は買うのは安い買い物ですね。安くドルを買って増やすことができました。
 これがリバランスです。
  高値で売って(日本株式)
  安値で買う(FX)
 このように深く考えなくても、自然とそのように売買してしまうのが、リバランスです。

 資産全体で、増やすことを考えるのが、資産運用です。
 FXトレードのみの投資では、円高になったら損切り(損失確定)でしょう。
 資産運用では、必ずしも損失を確定する必要はありません。
 逆に、資金を回してきて、買い増すのです。
 安い(円高)うちにたくさん買っておけば、後々、資産価値がたかまるからです。

 モニタリングとリバランスについては
 『【新版】内藤忍の資産設計塾─あなたとお金を結び人生の目標をかなえる法 』に詳しいので、一読してください。

 次ページ「11-低リスクにする方法」について説明します。

◇ スワップ運用のやり方 ◇
    1-基本
    2-ロスカットレートの想定
    3-ロスカット計算
    4-簡単に速く覚える方法
    5-簡単に速く覚える方法(2)
    6-タダでスワップ運用する
    7-長期投資の狙いと問題点
    8-FX複利運用
    9-億万長者になるには
    10-資産運用とFX
次⇒ 11-低リスクにする方法




FXでスワップポイントを稼ぐ方法 金利生活者向きスワップ スワップ派のFX業者 外貨預金的スワップ運用

リンクFX 比較 スワップ スワップ派 口座FX1 スワップ1
金融1 生活1

当サイト情報を参考に口座開設することは一向にかまいません。が、そのFX会社が倒産しないことを保証しているものではありません。

Copyright (C) 2010 FX比較 スワップ派口座, All rights reserved.