FX比較 スワップ派口座
TOP>72の法則

72の法則の用語解説

スワップ派おすすめFX口座
出金派 セントラル短資FX
複利派 SBI FXトレード
FX業者口コミ ・評判どうよ
FX業者の評価や評判は
姉妹サイトで確認を!
FX業者口コミ・評判どうよ

スワップ派入門
スワップ派入門講座
スワップ運用のやり方
スワップ派トレード方法

サイトマップ

FX口座ランキング

  1. 倒産しないランキング
  2. 豪ドル円比較
  3. 南アランド円比較
  4. トルコリラ円比較
  5. メキシコペソ円比較

運用プラン別FX口座

  1. 金利生活者
  2. 運用目標設定
  3. 億万長者
  4. 資産運用

FX口座の選び方

  1. 信用力
  2. スワップポイント
  3. 運用プラン
  4. 税金

スワップFX口座一覧

不向きなFX口座

  1. 不便な取引ルール
  2. 低スプレッド

FX初心者のレバレッジ設定

FX税金徹底解説

72の法則とは

 72の法則とは
 複利運用で、運用資金を2倍にするまでの年数を計算するやり方。

 「72」を運用率で割ると分かるのです。

 計算式  72÷運用率=資金が2倍になる年数

 例えば、運用率が10%の場合
 72÷10=7.2
 7.2年で、資金が2倍になると分かります。

 ただし、おおよその計算なので、正確なものではありません。

72の法則の誤差

 100万円を、毎年複利で計算すると下表のようになります。

  1年 2年 3年 3.6年 4年 4.8年 5年 6年 7年 7.2年
10% 110 121 133.1 - 146.41 - 161.05 177.15 194.87 198.76
15% 115 132.25 152.08 - 174.90 195.88 201.13      
20% 120 144 172.8 193.53 207.36          

 72の法則で計算すると
 年率10%は、7.2年
 年率15%は、4.8年
 年率20%は、3.6年
 で、2倍の200万円になるはずです。表を見てお分かりのように、少しずれています。このように誤差が生じます。

 おおよその計算をしたい時に便利なのです。

74の法則の方が正確になるのだが…

 72を割るより、74を割った方が、より正確になります。
 しかし、割りきれないので使いにくいため、72の法則が使われているようです。

 ちなみに運用率5%未満の場合は、70の法則の方がより正確だと言われています。

前のページに戻る
9-億万長者になるには
積立複利一覧表

FX口座ランキング




FXでスワップポイントを稼ぐ方法 金利生活者向きスワップ スワップ派のFX業者 外貨預金的スワップ運用

リンクFX 比較 スワップ スワップ派 口座FX1 スワップ1
金融1 生活1

当サイト情報を参考に口座開設することは一向にかまいません。が、そのFX会社が倒産しないことを保証しているものではありません。

Copyright (C) 2010 FX比較 スワップ派口座, All rights reserved.